月別アーカイブ: 2014年3月

「社会人基礎力研修」が行われました!

3月28日に社会人基礎力研修が行われました。

「社会人基礎力」とは現場や地域社会で様々な方と仕事をしていくために必要な基礎的な力のことです。京都学生祭典では行政・経済界・大学・地域連携による多様な学生の「人材育成の場」としています。

今回は日々の活動をサポートしていただいている大学コンソーシアム京都 学生交流事業部の井上さんに講師をしていただきました。

写真 3

 

 

まず、社会人基礎力とは何かを考え、どれぐらい社会人基礎力があるのかアンケートに答えていきました。日々の活動を通して、社会人基礎力をどのようにつけていくか、目標を立て発表しました。社会人基礎力の点数が低いものばかりでしたが、これからの活動で自分がどれだけ成長できるのかという楽しみも生まれました!

 

また、学生祭典としてどのような人材を育成するのかということも考えました。「人材育成」ということは考える機会がなかったので、苦戦しました…。

写真 1

 

 

参加した実行委員はこれから入会してくる実行委員を育てていく立場になります。今回の研修で人材育成の目標や個人の目標を立てることで、個人が成長しようと思うきっかけになったのではないでしょうか。個人の成長が京都学生祭典のさらなる発展につながると言えますので、常に実行委員が成長を意識して活動できるようになれば良いと思いました!

 

副実行委員長 内本早紀


「企画書・PDCAサイクル研修会」を行いました!

 

3月21日に企画書・PDCAサイクル研修会を行いました。

企画書研修では企画運営部長の田中君が講師をしてくれました。

企画書とは何か?企画書を書くときのポイントは?ということを学んでいきました。

 

IMG_7513

学校での授業のように進められていて、楽しんでポイントを考えることができました!

 

IMG_7494

参加した実行委員はポイントをしっかり聞いて、自分たちが企画書を書くときのヒントにしようと真剣に取り組んでいました。

 

 

また、PDCAサイクル研修も行われました。こちらの講師は副実行委員長の藤岡さんがしてくれました。

IMG_7572 「PDCAサイクルとは何か」、「それぞれのポイントを考えるときに大切なこと」を分かりやすく教えてもらいました。

IMG_7522

これから活動していくときにPDCAサイクルが大切になると感じることができたと思います。特にその中でプランをしっかりと立てることが重要だと教えてもらいました。

 

 

これからの事業を行うときに企画書・PDCAサイクルは必要になることです。

今回の研修会でそれぞれのポイントを知ることができたので、そのポイントを意識して日々の活動に活かしていきたいと思います。さらに京都学生祭典の活動がよくなるように実行委員全員が意識していけるといいですね。

 

副実行委員長 内本早紀


「第1回組織委員会」が開催されました

 

3月19日に第12回京都学生祭典 第1回組織委員会が開催されました。

組織委員会は、産・学・公・地域の「ALL京都」で作る祭である京都学生祭典の最高意思決定機関です。

 

IMG_7822

今回の組織委員会には京都府や京都市長門川大作様、経済界や大学の方々、実行委員長の松岡、副実行委員長、各部署の部長が出席いたしました。

IMG_7808

今年度のコンセプトや京都学生祭典実行委員会として、また各部署として、どのように活動していくか、を報告いたしました。 また、組織委員の方々から貴重な意見と応援の声をいただきました。

 

IMG_7832

京都学生祭典は学生のみで作られているものではないと、改めて実感する機会になりました。また、今年度はこれまで以上に皆様の意見や想いを大切にしていきたいと思っているので、今後の活動に取り入れていきます。そして、10月の京都学生祭典本祭だけでなく、日々の活動から京都を盛り上げていきたいと思います。

副実行委員長  内本早紀


ビジネスマナーを学ぼう!研修会を開催しました

 

3月11日に、株式会社ワコールキャリアサービスの高橋京子先生を講師に迎え、ビジネスマナー研修会を行ないました。

IMG_6237

 

京都学生祭典は、行政・企業・地域など、外部との繋がりが多いです。その中で、基本的なビジネスマナーを学び、良好な関係を築くためにも皆真剣にお話しを聞いていました。最初に自己紹介をビデオに撮りました。普段、無意識に出ている表情や、仕草を改めて見ることが出来ました。

 

他にも、手鏡を使い笑顔の練習も行いました。コミュニケーションを深めて人づきあいを広めていくうえで、笑顔で人と接することは何よりも大切なことと教えていただき、私自身も笑顔で接するようにしたいなと思いました。

IMG_6270

 

また、心に残ったお話は、マナーは人に不快感を与えない最低限のルールのことで、それに心を込めると“おもてなし”になります。つねに相手から見てどう思われているか考え、相手に本当の想いを伝えることが出来るように、心を込めて接することが大切だと仰っていました。

IMG_6308

 

実行委員一同、関わっていただいている方々に心を込めて接することが出来るよう、心がけていきたいなと思います。

 

営業部 中村景


「学生広報スタッフ向けワークショップ」を開いて頂きました!

3月になったにも関わらずまだまだ寒いですね。

花粉症に苦しめられている人も思いますが、体調には気を付けてくださいね(^^)

 

さて、本日3月6日、私たちはNPCコーポレーションの皆様から広報活動の基礎として

企画/編集・キャッチコピー・デザインの三つの観点からお話を聞かせて頂きました!

ワークショップでは、教えて頂いた理論をもとにしてみんな苦戦しながらも、各班一生懸命ポスターを考えました。DSC_0017

 

 

DSC_0041そしてその作品をプレゼンし、直接アドバイスが頂けるという貴重な経験をさせて頂きました!

 

DSC_0050

個人的にとても心に残ったのが「広く伝えようとしすぎて、誰にも届かなくなってしまうよりは、誰か1人にでも届くように」というお言葉でした。

今後広報活動を続けていく上で、心にとめておきたいなと思いました(^^)

本日参加した実行委員全員が、なにか吸収したものがあったとはずなので、

それぞれがこれからの京都学生祭典をよりよくするために、生かしていきたいです(^^)!

DSC_0061

広報部 大上紗季