カテゴリー別アーカイブ: インタビュー企画

メインビジュアル受賞者のインタビュー

今回は第13回京都学生祭典のメインビジュアルに採用された京都造形芸術大学の辻 梨絵子さんからお話を伺いました!

辻さんのメインビジュアルにかけた想いとは?

IMG_2221

それではインタビューの内容をどうぞ!(インタビュー担当者 : 荒木 )

荒木「なぜメインビジュアルに応募をかけたのでしょうか?」

辻さん「所属していた寮の食事会に実行委員がゲストとして呼ばれて、同じテーブルにじついと交じり、話を持ち掛けられたからです。
偶然がかなり重なりました。」

荒木「自分の提出した作品についての想いをお願いします。」

辻さん「国際化と聞いて、国際寮に所属していて留学生と関わっていて一緒に楽しくしているようなことをイメージしました。
お祭りが好きなので、わいわいしているような絵を描くように意識しました。
よさこいを踊る留学生からよさこいについての話を聞いて忠実に書けるように提出日のぎりぎりに下書きをかいていろどりかいて・・・
はっぱをかけてくれる友達の家に行って追われながら書きました。楽しかったです(笑)ぎりぎりの感じが(笑)」

荒木「苦労した点はありましたか」

辻さん「大変だったというか申し訳なかったのが、卒展の準備とか勉強で忙しく仕事の管理ができなかった。
色んな媒体に乗せるので、それぞれでのデザインの大きさなどを考えることが大変だったです、でもいい経験、いい勉強になりました。
本当に影響力があった。周りの人に辻さんの名前が載っていることに驚いてしました。
結構みてくれていることに自分でも驚きました。」

荒木「賞金の使い道はどうしますか?」

辻さん「実はまだ使っていません。良い封筒に入っているので、手が出せません(笑)飾っています。(笑)
でも海外に行きたいので、そのときに使おうかなと思います。」

荒木「祭典への想いをお願いします」

辻さん「歴史があって、すごい若くいろんな大学の方が入っているけど、芸大のコミュニティーにも広がっていければと思います。
パンフレットやポスターとかのデザインは興味持っている学生はおおいし、社会に出て役に立つ経験を芸大生はなかなかできないのでこういう形でどんどん芸大を引っ張っていってほしいです。」

荒木「最後に何か一言お願いします!!」

辻さん「どんどん素晴らしい学生を発見していってほしいです。実行委員は大人な方の印象。大きい祭を作り上げてほしい。みんなでいい経験をしてもらいたいです。」


京都学生祭典直前企画 四役インタビュー!【第4弾】

9月になり京都学生祭典直前ということで、四役インタビューをします!四役とは第13回京都学生祭典の実行委員長1人と副実行委員長3人のことを指します。

最後のインタビューとなる本日は、実行委員長の堀瀬奈央さんです!

それではどうぞ!

・好きな言葉は何ですか?

「走った距離は裏切らない」

陸上をし始めた小学生の時からこの言葉を大事にしていますが、これは様々な物事においても言えるのではないかと思います。

京都学生祭典の本番のために実行委員みんなが費やした時間は、絶対に裏切りません。

 

・年間を通して印象に残ったことは何ですか?

今年度新たに関わりを持たせて頂いた各所において、「今まで京都学生祭典なんて知らなかったけど、良い活動だね!京都学生祭典が好きになりました。これからも是非続けていって欲しい。」等の言葉を多々頂いたことが印象に残っています。まだまだ未熟な部分も多くお叱りを頂くこともありますが、自分たちの活動が、今年度掲げたコンセプトである「京都があなたを魅了する」の達成に近づいていることを実際に感じることができ、嬉しく思いました。

 

・本祭へ向けた意気込みをお願いします!

2014年11月に発足した第13回京都学生祭典ですが、集大成である本祭まで遂に約1ヶ月となりました。「京都があなたを魅了する」をコンセプトに、今までよりも更に ”all京都” で京都を盛り上げること、より多くの方々に京都学生祭典を知ってもらうことにこだわり、様々な方面の多大なるご協力のもと、これまで活動してきました。

「どうすれば楽しんでもらえるのか。どうすれば笑顔で帰って頂けるのか。」

実際に来場者の方々を目に浮かべながら、約230人が本祭に向けて準備を行ってきました。遂にラストスパートです。来場者の方々、これまで関わってくださった方々、共に頑張ってきた方々が楽しんで且つ笑顔で帰ってもらう為の努力は惜しまず、最後まで妥協せず、残りの日数を全力で過ごしていきます。

 

・本祭の今年のウリは何ですか?

9/1に完成式典が行われた二条通りから冷泉通りにかけての神宮道が、平安神宮への参道として歩行者天国になりました。その杮落としとしての意味も込めて今年度はGrand Finaleを神宮道北側で実施します!それに伴い、例年に比べて少し早い17時から開演します。また、今年度取り組みを強化した国際化を様々な場面で感じられ、また懐かしの京炎みこし、Kyoto Student Music Awardも4年ぶりに復活し、更に来場者の皆様に楽しんでいただける企画をご用意してお待ちしております。ぜひ、10月11日(日)平安神宮前・岡崎公園一帯にお越し頂き、昨年度とは一味違った第13回京都学生祭典を実際に肌で体感してみてください。

 

・最後に祭典に携わっている方へコメントお願いします!

「京都学生祭典実行委員会が産学公地域とかけ合わさることで、化学反応のように大きな力を発揮し、学生だけでは到底成し得ることのできないことでも成し遂げることができる。」

 約10ヶ月間、実行委員長として活動してきて何よりも強く感じたことです。今後とも京都学生祭典実行委員会の学生として、そして何よりも「学生のまち 京都」の学生として、この京都という地が更に活気あるものになるよう尽力して参ります。

 最後にはなりましたが、当会の活動にご理解いただき、御支援・御協力賜りましたこと深く御礼申し上げます。今後ともご指導・ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

IMG_0198

IMG_0218


京都学生祭典直前企画 四役インタビュー!【第3弾】

 9月になり京都学生祭典直前ということで、四役インタビューをします!四役とは第13回京都学生祭典の実行委員長1人と副実行委員長3人のことを指します。

本日は、副実行委員長の中山仁人さんです!

それではどうぞ!

・どんな仕事をしていますか?

自分の担当は年間交流部と警備部なので一緒に仕事しながらよりよい企画の運営ができるように考えています! さらに今年は京都学生祭典のシンボルである京炎みこしの4年ぶりの復活に向けて準備も進めています!! また研修や振り返り会といった実行委員のスキルアップを狙った活動も担当しているのでみんなでよりよい京都学生祭典を作れるよう頑張っていきたいです!!

・好きな言葉は何ですか?

不可能なことをつかみとろうとすることを繰り返さなかったら、可能なことにも到達できない!

・年間を通して印象に残ったことは何ですか?

今年全体を見る立場になって京都学生祭典での部署の連携や他団体との連携そして産・学・公・地域の全ての人たちの繋がりが京都学生祭典という大きなひとつのものを作っているんだ!ということを再認識させられました! そして企画が徐々に大きくなるにつれてそのことをさらに強く感じています! 京都のさらなる活性化のためにも今までよりもっと多くの人たちで本祭を作り上げられるようになっていけばいいなと思います!目指せ関係者数20万人!!

・実委へコメントお願いします!

実行委員のみんなは本祭まで50日切った中でだいぶ焦りが生まれてきているんじゃないかと思います。先輩からちょっとしたアドバイスです!焦りだしたときこそ一回手を休めて落ち着いて自分のしている仕事を振り返ってみましょう! 何事も大切なことは細かいことの積み重ねです!だから自分が今まで積み上げてきたものを振り返ってみてください!そして自分が何をしているのか、お客様のために何ができるのか、自分は何を伝えたいのかもう一度しっかり見つめ直せればきっと理想の京都学生祭典に向かっていくことができると思います! そしてその実現のために必要なことはどんなに大変でも恐れずに立ち向かってください!それを助け合うための230人以上のスタッフです! 10月11日全ての人が心から笑えるように全力を尽くしていきましょう!!

・その他語りたいことがあればお願いします!

今年実行委員、祭典OBOGの先輩方、ステークホルダーの方々などほんとうに多くのつながりを実感することができました!このように多くの方々の支えによって毎年続いてきた京都学生祭典をよりよい形で継承していけるよう残りの祭典活動頑張っていきたいです!!

IMG_0224

IMG_0213


京都学生祭典直前企画 四役インタビュー!【第2弾】

9月になり京都学生祭典直前ということで、四役インタビューをします!四役とは第13回京都学生祭典の実行委員長1人と副実行委員長3人のことを指します。

本日は、副実行委員長の西村和胡さんです!

 

それではどうぞ!

 

年間を通して印象に残ったことは何ですか?

今年で3年目になりますが、京都学生祭典の活動の中で様々な大学の様々な環境で育ってきた学生たちが出会い、学生とだけなく地域、企業、行政など普段の学生生活の中であまり接することができない方々と一緒に活動していけることが改めて特別なことであるなと感じました。

 

本祭へ向けた意気込みを教えてください。

いよいよ第13回京都学生祭典本祭まで約1か月となりました。実行委員一同がそれぞれの力を発揮して、みんなで一丸となって本祭を迎えられるよう、がんばっていきたいと思います。

 

今年のウリは?

今年度掲げた国際化にむけて、年間活動や本祭において留学生にも参加してもらうことで留学生のまちでもある京都の一面を感じていただければと思います。

 

祭典に携わっている皆様へ一言!

今年度の学生祭典では、産・学・公・地域の皆様にご協力いただきながら、引き継がれてきたものを受け継ぎながらも、様々な新しい挑戦をしています。ぜひ会場にお越しいただき、その成果をご覧いただきたいと思います。

好きな言葉は何ですか?

「Change before you have to」

固定観念にしばられず、変化しつづけられる人になりたいからです。

 

普段は何をしていますか?

広報部・普及部の監督、国際化プロジェクトの統括、プレ企画などに保険をかける仕事をしています。

 

京都学生祭典に向けて一言!

13回の1年間の活動の集大成として、そして1回生から今まで祭典で活動してきた集大成として、実行委員皆と一緒に最後まで全力で活動していきたいと思います!!

 

実委にむけて一言!

遂に本祭が近づいてきましたね。今までの活動の集大成として、皆で一丸となって本祭を迎えられるよう、あと少しがんばっていきましょう!!

 

 

IMG_0184


京都学生祭典直前企画 四役インタビュー!【第1弾】

9月になり京都学生祭典直前ということで、四役インタビューをします!四役とは第13回京都学生祭典の実行委員長1人と副実行委員長3人のことを指します。

本日は、副実行委員長の河上葵さんです!

それではどうぞ!

・普段は何をしていますか?

実行委員長の補佐的役割や企画運営部と総務部の監督、大学担当をしています。

・好きな言葉は何ですか?

Nothing will be gained by just waiting.

この言葉は中間振り返り会でも話した言葉です。待っているだけでは何も得られるものはないので、とにかく行動!

・年間を通して印象に残ったことは何ですか?

京都学生祭典は約230人の実行委員1人ひとりがそれぞれ違う役割を果たし、活躍をすることで成り立っているということを強く実感したということです。

・本祭へ向けた意気込みをお願いします!

大学に入学した直後から始めた祭典の活動も残すところ僅かです。3年間の集大成として全力で最後まで駆け抜けて行きたいと思います。

 ・本祭の今年のウリは何ですか?

今年の祭典のウリは、平安神宮前の神宮道が整備されたことを生かした企画です。見通しが良くさらに綺麗になった神宮道一帯で、京炎みこしとKyoto Student Music Award4年ぶりの復活することでパワーアップした祭典となっております。

 ・最後に祭典に携わっている方へコメントお願いします!

祭典に携わって3年目の今年は、京都学生祭典は学生だけでなく、企業・大学・行政・地域の方々と共に創り上げていることを深く感じる1年でした。

これからも京都の活性化という大きな一つの目標に向かって邁進して参りますので、ご支援ご協力の程宜しくお願い申し上げます。

 

IMG_0191

IMG_0185 


特別企画 新実行委員インタビュー!【第9弾】

あつい夏にぴったりの企画「新実行委員インタビュー!」も第9弾です!!

新実行委員のあつい思いをぜひ感じてください!!

 

堀瀬 紗英

瀬野川 眞由

山本 麻由

白川 優

高畑 咲季

 

部署・部門

企画運営部OPGF

 

意気込み・一言

O大きな学生の

Pパワーを引き出せるような

Gグレートな

Fフィールドにして魅せます!

IMG_3776


特別企画 新実行委員インタビュー!【第8弾】

あつい夏にぴったりの企画「新実行委員インタビュー!」も第8弾です!!

新実行委員のあつい思いをぜひ感じてください!!

 

 

真田義仁

部署・部門

警備部

意気込み・一言

新実なので何事においても積極的に行動していきたいです!!

警備①

 

喜馬爽

部署・部門

警備部

意気込み・一言

元気負けん気陽気な空気を作って全力で京都を熱くします。

警備②


特別企画 新実行委員インタビュー!【第7弾】

イオンモールKYOTOでのプレイベントも終わり,夏がやってきました!

そんなあつい夏にぴったりの企画「新実行委員インタビュー!」を行います!

新実行委員のあつい思いをぜひ感じてください!!

 

飛田ほのか

部署・部門

年間交流部

意気込み・一言

まだ慣れないことも多いですが、いろんな経験し経験から様々なことを吸収できるよう頑張ります。

飛田ほのか

 

桑原麻由

部署・部門

年間交流部

意気込み・一言

年間交流部の頼れる先輩方やかわいい後輩たちと一緒にこの1年間頑張りたいと思います。

 

桑原麻由

 


特別企画 新実行委員インタビュー!【第6弾】

イオンモールKYOTOでのプレイベントも終わり,夏がやってきました!

そんなあつい夏にぴったりの企画「新実行委員インタビュー!」を行います!

新実行委員のあつい思いをぜひ感じてください!!

 

藤田恭未

部署・部門

広報部 動員戦略部門

意気込み・一言

広報部の仲間が大好きです!これからもっと京都学生祭典のことを知って、広めて、たくさんの人に元気を分けていけたら良いなと思います!

 

佐藤怜奈

部署・部門

広報部 動員戦略部門

意気込み・一言

京都の魅力をたくさんの人に発信できたらいいなと思っています!持ち前の明るさで皆さんに笑顔を届けます\(^o^)/

 

~部長より~

直接一般の方に祭典とは何かを伝えるだけでなく、祭典に溢れている学生のパワーを感じてもらえるような広報をしていってほしいです^o^

動員③


特別企画 新実行委員インタビュー!【第5弾】

イオンモールKYOTOでのプレイベントも終わり,夏がやってきました!

そんなあつい夏にぴったりの企画「新実行委員インタビュー!」を行います!

新実行委員のあつい思いをぜひ感じてください!!

 

藤原圭佑

部署・部門

広報部 Web部門

意気込み・一言

京都の魅力を発信できるように頑張りますO(≧∇≦)O

 

~部長より~

広報部としても今年はWeb関係の広報には力を入れていきたいと思っているので、Webを活用したおもしろい企画をしてくれることを楽しみにしています♪♪

web①