OBOGインタビュー<田中聡一郎さん> | 京都学生祭典

NEWS

カテゴリー
最新記事
月別アーカイブ

OBOGインタビュー<田中聡一郎さん>

2021/10/21(木)OTHER

 今回は、第15回〜第17回で実行委員を務めた田中聡一郎 (ランタン)さんにインタビューしました!

 

実行委員1:はじめに、出身大学とお名前と祭典時代のあだ名を教えてください。

田中さん:大学は京都産業大学、名前は田中聡一郎であだ名は”ランタン”です。

 

実行委員1:今日はランタンさんとお呼びしても大丈夫ですか?

田中さん:はい、大丈夫です。

 

実行委員1:まず、あだ名の由来はなんでしょうか?

 

田中さん:ランの方は自分の好きなサッカー選手のランバートのランで、タンは兵庫県出身で「はばタン」っていうキャラクターからタンになりました。

 

実行委員1:祭典に入ったきっかけはなんですか?

 

田中さん:営業部におもちってのがいたんですけど、大学1回の時同じ大学の寮で、かつ同じ班で、先に京都学生祭典の新歓に行ってて、良かったよって言われて自分も入ったのがきっかけです。誘われて入ったって感じです。

 

実行委員1:そうなんですね。3年間どの部署に所属していましたか?

 

田中さん:広報部でした。

 

実行委員1:部門はどこだったんですか?

田中さん:1、2回は動員戦略部門でした。

 

実行委員1:広報部時代で印象に残っていることはなんですか?

まずは楽しかったこと、嬉しかったことで。

 

田中さん:広報活動でチラシを配りに行った時に他部署と知り合えたことが楽しかったかな。

 

実行委員1:広報部長だったときにはどうでしたか・・・・?

 

田中さん:なかったかな・・・(笑)。部長になってからは失敗ばっかりだったからなあ。

人(部員)がいなくて辛かったな。自分もたくさん仕事持っていたから確認もできなくて・・・。

 

実行委員1:そうなんですね・・・、広報部の1、2回では辛かったことはありましたか?

田中さん:それはなかったです!

 

実行委員2:そもそも部長になぜなろうと思ったんですか?きっかけはありましたか?

 

田中さん:自分は元々なるつもりが全くなく、この人がなるんやろうなって、大体思ってたんやけど、その人がやりたくないって言って、話し合った中でやりたくないんやったらやってあげようかなって、そんな感じでやり始めました。

先輩の副部長の方に、広報部の中から部長が出来そうな人を集めて、話し合ってみてと言われた結果、広報部長になりました。

 

実行委員1:2回生の時は何人広報部にいたんですか?

 

田中さん:10人です。

 

実行委員1:そうなんですね!では、広報部長をしたことで社会人で役立ったことはありますか?

 

田中さん:わからないところを積極的に聞けるようになり、どうやったら失敗しないのかを立ち回れるようになったかな。

 

 

実行委員1:部長をしていた時、コミュニケーションを取ることは難しかったですか?

 

田中さん:部員を問題にどこまで巻き込んだらいいのかが、わからなかったし、頼れていなかったところが多々あったので、できてないところはもっと頼ってもよかったなと今になって思うな。

 

実行委員2:会議はどのくらいの頻度でやっていましたか?

 

田中さん:執行部の会議が週2と広報部の会議を週1でやっていたので、計週3でやっていました。

執行部会議では、毎度進捗を聞かれるんですが進んでいないので会議中に焦ることがありましたね。

 

実行委員1:会議を回す上で心がけていたことはなんですか?

 

田中さん:当時1回生が多く、出来るだけ祭典のことを知ってもらいたかったので、祭典が何をやっているかを知ってもらいながら、できるだけ意見も聞くようにしてた。祭典に関わっていることを意識して欲しいと思っていた。

 

実行委員1:そうなんですね。今年の代も1回生多いので、共感できます。

では、現実行委員に向けてメッセージお願いします!

 

田中さん:コロナの状況の中でグループで活動できることは珍しいので繋がりを大切にしてほしいです!

 

実行委員:ありがとうございます。最後に祭典の魅力は何だと思いますか?

 

田中さん:難しいな・・・。

一番はやっぱりいろんな人に会えることかな。いろんな人に会えるプラス同じ目標に向かって人によってやることは違うけど、違うことに向かって動けるっていうのは大学生では珍しいのかな、そういう場があるのはいいことなのかなと思っています。

その中でもどうやったら人の思っていることが伝わるのかとかそういったことを学べる場所なのかなと思っています。

 

実行委員1:質問は以上になります。本日は貴重なお話をありがとうございました。

(左:祭典時代のお写真(右)  /右:現在のお写真)

*——————————————-*

 

田中聡一郎(ランタン)さん


京都産業大学卒業
第15回:広報部所属
第16回:広報部所属
第17回:広報部所属(部長)

今回インタビューしたのは第15回〜第17回で活躍した田中聡一郎(ランタン)さんでした!

祭典では貴重な経験がたくさんできます!
あなたも実行委員として活躍し、仲間と最高の思い出を作りませんか?
気になる方はこちらから(https://www.kyoto-gakuseisaiten.com/staff/member


第19回京都学生祭典本祭は
2021年10月10日(日)開催いたしました。


京都学生祭典公式HP : https://www.kyoto-gakuseisaiten.com/
各種SNSはこちら
Twitter : https://twitter.com/kif_saiten?lang=ja
Facebook : https://www.facebook.com/kif.saiten/
instagram: https://www.instagram.com/kif_saiten/

logo
ページの先頭へ