月別アーカイブ: 2014年10月

事後振り返り会を行いました!

10月19日(日)に事後振り返り会が行われました。

今回も京都文教大学の森先生に講師をしていただきました。
今回の事後振り返り会では本祭を終えて、これまでの活動や
当日の運営などを振り返っていきました。
まず、1年間の個人目標、チーム目標の達成度と
その理由を考えていきました。

SONY DSCSONY DSCそのあと、グループワークを行い、
チームでよかったところを考えました。

SONY DSCSONY DSCチームメンバー宛にメンバーの良いところをメッセージにして伝えます。
みんな真剣に書いています。SONY DSCSONY DSC年間を通しての振り返りを行い
よかった点だけでなく課題点も挙げられました。
それぞれの良かった点はさらに伸ばし、
課題点は来年度に改善されるように引き継いで
京都学生祭典を作り上げていきたいです。


第12回京都学生祭典が新聞で取り上げられました

10月12日(日)に開催された第12回京都学生祭典本祭の記事を

毎日新聞、京都新聞、朝日新聞、産経新聞に掲載していただきました。

下記のwebページでも見ることができるので、ぜひご覧ください。

毎日新聞http://mainichi.jp/area/kyoto/news/m20141011ddlk26040593000c.html

京都新聞http://www.kyoto-np.co.jp/education/article/20141012000140

朝日新聞http://www.asahi.com/articles/ASGBD5CLMGBDPLZB009.html

産経新聞 http://www.iza.ne.jp/smp/kiji/life/news/141013/lif14101308200023-s.html


第12回京都学生祭典本祭開催報告

昨日10月12日、第12回京都学生祭典本祭は大盛況のうちに閉幕致しました。

台風19号の接近により、心配されていた天候も最後まで持ち、全プログラムを予定通り行うことができました。

今後とも京都学生祭典をよろしくお願い致します。

IMG_2602IMG_2538IMGP3098DSC_0537


第12回京都学生祭典の開催について(10月12日6:00現在)

本日開催予定の第12回京都学生祭典は、10月12日(日)6:00現在、予定通り開催いたします。

ただし、雨天の場合はGrand Finaleを含む、屋外で実施予定のプログラムが一部変更する場合があります。変更が生じた場合、こちらのページでご案内いたします。

尚、下記のプログラムについては、安全面を考慮し、取りやめとさせて頂きます。

・京炎みこし 展示

皆様のご来場を、心よりお待ちしております!


本祭まで残り1日!

本祭まで残り1日となりました。

当日は皆様のご来場を京都学生祭典一同お待ちしております。

このカウントダウンを見てくれた全ての人に感謝します!!

あすは10月12日。

待ちに待った本祭当日です!!

やや天候が心配ではあります。

しかし!!

べつの場所では味わえない。

京都学生祭典でしか味わえない感動を携え、皆様をお待ちしておりますので是非お越しください!

より良い時間を過ごせることを保証します。

それでは少し前置きが長くなりましたが、カウントダウンの最後は実行委員長!宜しくお願いします!!

みなさんこんにちは!!
2度目の登場です!
京都学生祭典実行委員長の
松岡将貴です。

今日は、10月12日に行われる
京都学生祭典の魅力についてお伝えさせていただきたいと思います!!!

京都学生祭典本祭とは?
京都の学生を中心に、
産・官・学・地域のオール京都で作り上げるお祭りです!!

また、今年は過去12年分の想いが詰まっている祭
より多くの京都中の魅力が詰まっている祭
つまり!学生の力やアイデアが
12年たっぷりと詰まっているお祭りです!!

また、参加型の企画もたくさんございますので、
よりみなさんの心に残るような素敵な体験もご提供させていただきます!

みなさんのご来場と感動でもっと素敵なお祭りに!!

私達はその想いをもち、1年間全力で取り組んでまいりました!!

京都の力ここにあり!!

みなさんのご来場を心よりお待ちしております!!!10658902_901269316552351_8399753686745063707_o


本祭まで残り2日!

こんにちは!京都学生祭典です!!

本祭まで残り2日になりました。

カウントダウン最後の2日は
実行委員長にお任せします!

それでは実行委員長お願いします!!

みなさん
はじめまして!!

第12回京都学生祭典実行委員長の
松岡将貴です!

京都学生祭典の活動に参加して
今年で3年目になります。
そして、特に3年目でこの団体の魅力を全部感じられたと思うので紹介させて頂きます。

この団体の魅力
それは、
京都中の人の
繋がり・想い・力
を、じかに感じることが出来ることです。

私たちの生活している京都
その京都を良くしようと取り組んでいる様々な方と
一緒に活性化に取り組み、支えられ、ときには叱られ...

そんな京都の力を感じられる場所
力が集まっている場所が京都学生祭典です!!!

京都学生祭典は、まだまだこれからも発展していきます!
それこそ、今この文を読んでいるみなさんと共に
京都を魅了し、世界を魅了する。

そのような団体を目指していきます!!
ぜひ、みなさんも一緒にすてきな京都を創っていきましょう!!!
その手始めに、10月12日のお祭りにぜひいらしてください!!!
京都を一緒に魅了しましょう!!!!10670171_900579333288016_1112460525344474176_n


本祭まで残り3日!

本祭まで残り3日となりました。

当日の台風の心配もありますが、
天災のことを考えても仕方ありません!

今自分のできることをやりましょう!!

最後の副実行委員長紹介です!

それではお願いいたします

副実行委員長の吉見です。

いよいよ第12回京都学生祭典本祭まで
残すところあと3日となりました!

私たち、京都学生祭典は年間を通じて活動を行っています。
ここ、京都の地で学ぶ学生を中心に、
学生の力での京都の活性化と新たな学生文化の発信を目指しています。

その中で、もっとも大きな活動となるのが、
毎年秋に行う、京都学生祭典本祭です。
京都の学生たちが自分たちで企画を考え、1年かけて準備をしています。
2003年から繋ぎ続けたこのお祭りは今年で12年目を迎えます。

この京都学生祭典には、今までの11回で創り上げてきたさまざまな“想い”があります。
そして、今年はより多くの方たちを“惹き込み”、京都の未来をつくる“舞台”となれることを目標に掲げてきました。

このお祭りは学生が中心となって運営はしているのですが、
決して学生だけのお祭りではありません!

来場者の皆さまっ!!
京都の魅力、そして学生の魅力を、
当日運営する私たち、学生と共に過ごすことで、
一緒に感じてはみませんか?10268693_899880336691249_53566003667661265_n


本祭まで残り4日!

本祭まで残り4日。
2人目の副実行委員長を紹介いたします!それでは宜しくお願いします!!

こんにちは。
副実行委員長の藤岡実希です。

副実行委員長が3人いる中で、
私は主に実行委員会内部の調整や
大学との連携ということに重点を置いて
活動してきました。

1年間活動してきた中で、
迷ったり不安になる日も多々ありました。
しかし、いつでも周りでは
この第12回学生祭典の為に
頑張っている仲間がいて。
そんな仲間たちと共に良いものを創りたい。
そういう想いがあったから
ここまで頑張ってこれたと思っています。

1・2年目は総務部、
そして今年は副実行委員長として
多くの祭典を応援してくださっている方々や
これまでの祭典を創ってきてくださった方々と
たくさん接する機会がありました。

そのようにして、いただいた想いを結集し
また私たちの想いも乗せて
第12回京都学生祭典本祭当日は
約200人の実行委員、
約1000人のおどり手、約300人の当日スタッフにて
「学生のまち 京都」らしく、
京都を盛り上げます。

様々な想いが結集し、
All京都で創りあげた
この京都学生祭典という”舞台”で
皆様のご来場を実行委員一同
心よりお待ちしております。10426814_899402133405736_54955322226215854_n


本祭まで残り5日!

こんにちは!
京都学生祭典です!

本日から3人の副実行委員長を紹介いたします!

その前に、、、
昨日の部長紹介をもちまして、
いいねの数が1800件を超え、昨年のいいねの数を現時点で上回ることができました!
目標としていた数値を現時点で上回ることができて、多くの人に見ていただいて嬉しく思います!!ここからはどんどん突き放していこうと思います!

閲覧数も、あと少しで10万人を超えようとしています!
とても多くの方に見ていただき、身が引き締まる思いであります。

それでは話が逸れましたが、
副実行委員長!お願いいたします!

こんにちは。
副実行委員長の内本早紀です。

私は副実行委員長として、
実行委員会内での研修会など
様々なことを行いました。
特に印象に残っていることは
見えるものが変わってきたことです。

今年、活動をしてきた中で、
企画運営部で活動をしていた1年目と2年目とは
異なるものが見えるようになってきました。
見えるようになったのは、ご支援していただいている方々の想いを直接聞き、本当に多くの方に支えられているということです。

また年間の活動を行っていく上で、
ご支援していただいている方々や先輩方に話を伺い、
ご支援ご協力していただいている方々の
京都学生祭典への様々な想いを
知ることができました。
その想いを大切にし、
自分たちの想いも加えて活動をしてきました。

それぞれの部署が目標やテーマを持ち、
年間を通して取り組んできたこと集大成として、
京都学生祭典本祭で
学生のパワーを発散できるように、準備をしています。
そして、多くの来場者の方に
笑顔になっていただけるような祭に
したいと思っています。

残り5日間、悔いの残らないよう
また、支えてくれている方々への感謝の想いを忘れず、
活動をして当日を迎えたいと思います。

10月12日、皆様のご来場を
心よりお待ちしております。10482374_898492833496666_6231320406164493740_n


本祭まで残り6日!

本日の部長紹介は企画運営部長です!

これで部長紹介は最後になります!

それではラストお願いします!

こんにちは!
企画運営部長の田中夏希です。

企画運営部は、本祭に来てくださった方が楽しんでいただけるような企画を考えて、本祭当日に中心となって企画を運営する部署です。企画運営部は6つのチームに分かれて活動をしています。
本祭の最初と最後を飾る神宮道企画!
京炎 そでふれ!をはじめとしたおどりのコンテストを行うおどり企画!
お祭りには欠かせない“食”をあつかう縁日企画!
子どもたちと楽しくスポーツをして遊ぶ子ども企画!
京都の伝統・文化を感じてもらう京都企画!
本祭全体の管理をする管理課!
これら全員でなんと53人もいます!
京都学生祭典では最も人数の多い部署になります。

普段は、週1~2回の会議をして企画を考えたり、企画を実現する上で他の団体などに協力を求めて訪問に行ったりしています。当日のお客さんが「来てよかったな」「来年もまた来たいな」と思ってもらえるような祭りにするために日々頑張って活動しています。

私は3年間企画運営部として活動してきました。1年目は部員として、2年目は子ども企画の統括として活動してきました。
そして3年目の今年は企画運営部長としてここまで活動してきました。3年目になってやっとこの京都学生祭典がどんな団体で、どれだけすごいことをしているのかということを実感しました。また、それを支えてくれている方々がたくさんいることも実感しました。

本祭までの残り6日、これまで以上に部員たちと力を合わせてみんなで最高の祭りを作り上げたいと思っています。

10月12日はぜひ京都学生祭典本祭にお越しください!!!
心よりご来場お待ちしております!1975199_897681523577797_838386642415970418_n