カテゴリー別アーカイブ: 本祭カウントダウン

本祭まで残り1日!

第13回京都学生祭典がいよいよ明日に迫りました!

当日は皆さまのご来場を京都学生祭典一同心よりお待ちしております。

なおかつ、いつもこのブログを見てくださっているすべての人に感謝します!

 

 

では、改めて京都学生祭典について説明させていただきたいと思います!!!

京都学生祭典とは、大学生と産・学・公・地域が互いに連携して京都の魅力・学生の魅力を発信し、京都をさらに盛り上げるお祭です。

2003年の秋、第1回京都学生祭典が開催されてから今日に至るまでの間、京都学生祭典は数多くの方からのご支援とご協力のおかげで、毎年開催することができています。

第13回となる今年は「京都があなたを魅了する」をコンセプトに1年間活動してきました。

地域連携の一環として、8月22日(土)に伏見7商店街にて行われた「世界への挑戦in伏見」では、「京炎 そでふれ!」によるギネス世界記録™を達成することができました!

また、「国際化プロジェクト」として、国際交流イベントを毎月行い、留学生と共に京都の文化体験などの活動をしました!

実行委員にとっても貴重な経験を経ることができたと思います。

 

そして、1年間の集大成となる明日の本祭は11時から平安神宮前・岡崎公園一帯で開催されます。

今年の見どころは「京炎みこし」と「KSMA」の復活です!

また、たくさんのおどり手による盛大なるパフォーマンスも例年通り行います!!

学生の力を肌で感じてみてください!!!

 

その他にも様々な企画が盛りだくさんです!

来場者の皆さまに楽しんでいただけること間違いなしです!!

 

 

 

最後になりましたが、待ちに待った本祭、晴れることを願っています。

そして、ここまで支えてくださった多くの人への感謝の気持ちを忘れずに本祭に臨みたいと思います。

京都学生祭典一同、来てくださる皆さまに最高のおもてなしをお届けします!!!

ぜひ、明日は素敵な一時をお過ごしください。

 

 

ちなみに写真は平安神宮での成功祈願の様子です。

IMG_5101

 

本祭特設サイトはこちら→http://2015honsai.kyoto-gakuseisaiten.com/


本祭まで残り2日!

いよいよ本祭までのこり2日です!!!!!!!

今日も実行委員長からの一言です!

それではどうぞ!!

 

本祭にかける想い

 

「京都があなたを魅了する」をコンセプトに、今までよりも更に ”all京都” で京都を盛り上げること、より多くの方々に京都学生祭典を知ってもらうことにこだわり、様々な方面の多大なるご協力のもと、これまで活動してきました。

「どうすれば楽しんでもらえるのか。どうすれば笑顔で帰って頂けるのか。」

実際に来場者の方々を目に浮かべながら、約230人が本祭に向けて準備を行ってきました。

第13回京都学生祭典実行委員一人一人が出した

その答えを明後日、来場者の方々に感じて頂きたいです。

 

京都学生祭典を漢字一文字で表すと

 

【極】です。

 

京都学生祭典の活動の中で、私たち実行委員は

 

自分たちが「楽しい」ではなく、

来場者の方々に「楽しい」と思ってもらえるもの

参加者の方々に「楽しい」と思ってもらえるものを

229名全員で試行錯誤し明後日を迎えます。

 

 

人を楽しませることを【極めた】人が集まり

人を笑顔にすることを【極めた】人が集まり

そして、発信することを【極めた】人が集まる

 

いよいよ2日後は京都学生祭典本祭です!

 

当日は、様々な分野を【極めた】学生も

出演者として会場を盛り上げます!

 

会場内には収まり切らないほどの学生のパワーを

ぜひ、肌で体感してください。お待ちしております!

 

IMG_0974

本祭特設サイトはこちら→http://2015honsai.kyoto-gakuseisaiten.com/


本祭まで残り3日!

いよいよ本祭までのこり3日です!!!!!!!

今日も副実行委員長からの一言です!

それではどうぞ!!

 

本祭まで残すところあと3日になりました。僕にとってもそして全ての実行委員にとっても、この本祭までの時間は特別なものでした。当日いらしてくれる方に最高の舞台を見ていただくためにこの一年頑張ってこれたことが嬉しくてなりません。今日まで頑張ってきた学生達、そしてこの1日のために共に歩んできてくださった京都中のみなさんには本当に感謝の限りです。
今年の本祭の見所ははなんといっても惜しまれつつも中断してしまっていたKSMA・京炎みこしの復活、神宮道で行う初めてのグランドフィナーレです!この全てが自分たちの力で成し遂げられるようなものではありませんでした。13thをともに歩んできてくださった多くの方々のご支援があったからこそここまでのことができたのだと思います。
振り返れば本祭のみならず多くの場面で色んな人たちに助けられてきました。集大成となる本祭ではこの全ての人達に感謝の気持ちを伝えられるよう、そして今年の柱として掲げてきた「関係者数20万人」を体現するような本祭ができるよう、実行委員一同力の限り盛り上げていきたいです!!

今年の祭典を一文字で表すなら

「穿」

 大学も出身も様々な僕たちですが、どの実行委員にも必ず共通していると言える点が一つあります。それは「自分たちに何ができるか」悩み続けてきたということです。今年一年は本当にチャレンジの年でした。京都という舞台で何ができるのか、京都学生祭典に期待してくれているみなさんと共に何ができるのか、ずっと悩み続けてきて、だからこそ今年はその成果として様々な挑戦ができたのだと思っています。悩み続けてきた自分たちが最後には何かを為していけるように、そして自分たちが目指してきたものの答えが見つけられるように願いを込め「穿」という字を13thのみんなに贈りたいと思います。

IMG_0942

本祭特設サイトはこちら→http://2015honsai.kyoto-gakuseisaiten.com/


本祭まで残り4日!

いよいよ本祭まで一週間を切りました!今日は副実行委員長からの一言です!

 

本祭にかける想い

第13回京都学生祭典まで、残すところあと4日となりました。

今年1年をかけて、実行委員一同は様々な新しい企画に挑戦し、そして同時にたくさんの時間をかけて、試行錯誤を繰り返しながらこの日を目指して奔走してきました。

 

時に笑い、時に泣いたこともあると思いますが、産・学・公・地域の皆さまにささえられながら、お客様の笑顔あふれる祭典を目指してあと4日、一丸となってがんばっていきたいと思います。

京都学生祭典を漢字1字で表すと?
「動」

京都学生祭典は、学生たちが自ら考え行動することによって成り立っています。

そして第13回では特に、世界記録への挑戦、国際化への取り組みなど、今までの学生祭典から大きく”動いた”一年であったと思っています。

それは同時に一人一人の想いが周りの人を”動かし”、一丸となった結果でもあります。

そして本祭はそんな学生たちの集大成の場となります。
10月11日、ぜひ皆様に学生たちのパワー溢れる企画を楽しんで頂きたいと思います。

 

IMG_1128

本祭特設サイトはこちら→http://2015honsai.kyoto-gakuseisaiten.com/

 

 


本祭まで残り5日!

本祭まで残り5日です!

本日は中枢会議の様子です.

中枢会議とは各部門の部長,副部長,統括が京都学生祭典当日にどういったことをするのかといったことを確認する,本祭直前の会議です!

本祭当日にたくさんの方が来てくださることをお待ちしています!!

IMG_9783

 

本祭特設サイトはこちら→http://2015honsai.kyoto-gakuseisaiten.com/

 

 


本祭まで残り6日!

いよいよ本祭まで一週間を切りました!今日は副実行委員長からの一言です!

 

本祭にかける思い

いよいよ本祭まで1週間を切りました。

1回生の4月から京都学生祭典で活動をしてきて、3回目の本祭を迎えようとしています。

副実行委員長になって約1年間は今まで以上に多くの方々と関わらせて頂き、濃い時間でした。

その中で京都学生祭典は本当に多くの皆様からご支援ご協力を頂いていることを改めて実感する1年間でした。

 

年間を通して実行委員一同、様々な活動をして参りましたが、その全てが本祭に繋がっています。

実行委員一人ひとりがしてきたことは異なりますが、それらが結集して一つの形になるのが10月11日の本祭です。

 

運営をする実行委員にとっても、出演者・来場者の方々にとっても、最高の思い出に出来るような1日になるよう、本祭まで努めていきます。

 

 

祭典を漢字一文字で表すと、それに対する詳細

 

「充」

 

京都学生祭典の活動は、学生のエネルギーや笑顔が充溢しています。

 

私は京都学生祭典の活動の中で、多くの仲間と共に喜怒哀楽を乗り越えて来たからこそ、本当に充実した日々を送ることができました。

 

そして京都学生祭典は、人の心を満たすことが出来る力があると、この2年半の活動を通じて感じました。

 

 

 

学生のみではなく、産・学・公・地域の皆様とall京都で創り上げてきた京都学生祭典は、”あなたを魅了する”こと間違いなしです!

 

10月11日、皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

 

IMG_0987


本祭まで残り7日!

 

本日は、企画運営部長紹介です!

それではどうぞ!

本祭にかける思い

みなさんこんにちは!!いよいよあと1週間ですね!

企画運営部では10月11日の本祭に、1年かけて準備してきました。

 

京都学生祭典は、京炎 そでふれ!全国おどりコンテスト・子ども企画などなど毎年行っている企画があります。

しかし実は、年によってコンセプトが違ったり、内容も様々なんです。

 

理由は明確、私たちは学生で、毎年実行委員が変わるからです!!

 

今年も多くの新たな風がこの京都学生祭典に入ってきました。

 

学生ならではの新たな視点、新たな文化…

 

第13回京都学生祭典にもそんな個性が溢れています!

 

随所に学生のこだわりや頑張りを見ることができることでしょう。

 

そんなメンバーで作り上げた今年しか味わえない京都学生祭典の雰囲気を感じてください!!

 

祭典を漢字一文字で表すと、それに対する詳細

 

「炎」

 

 京都学生祭典には合計で2000人を超える学生に参加して頂いています。

 

その熱意を、「炎」という1字で表しました。

 

実行委員は直接、お客さんを盛り上げたり、楽しませることはできません。

しかし、実行委の熱意は参加団体に伝わり、参加団体の熱は来場者の皆様に伝わります。

私たちは京都学生祭典に関わっていただいているすべての団体が最高のパフォーマンスを発揮し、

来場者の方に楽しんでいただく「場」を作りだします。

私たちは、直接おどったり、演奏しているわけではありませんが、参加団体をとおして私たちの熱

意を感じて下さい!!!

そして、「炎」という字は京都学生祭典が誇るおどりである「京炎 そでふれ!」にも使われております。

この名前が示すとおり、京都を学生の力で燃え上がらせる祭にしたいと思っております。

祭典に参加する2000人以上の学生、そして来場者の皆様と一緒に岡崎の地を盛り上げましょう!!!

IMG_9349


本祭まで残り8日!

 

本日は、警備部長紹介です!

それではどうぞ!

 

本祭にかける思い

皆さんこんにちは。警備部長の三浦です。

警備部は今年、今までにはなかった8月の伏見企画の警備計画を考えたり、

おもてなしの面でホスピタリティについて考えたりと、たくさんの新しいことに挑戦しています。

誰もが初めてのことが多かったので、戸惑いながらもやってきた面もあります。

それでも確実に、みんなで本祭へと向かっていると思います。

そして本祭当日、そこには今までにない警備部がいます。

その警備部は来てくださる全ての方に素敵な時間を過ごしてもらうために活動していると思います。

来場者の方が楽しい時間を過ごしてもらえるように精一杯頑張りたいと思います。

 

祭典を漢字一文字で表すと、それに対する詳細

祭典を漢字一字で表すと「気」です。

この「気」は気づきの「気」です。

この団体は様々な大学から集まっており、たくさんの考えを持った人たちと関わります。

その中で、じぶんとは違う考えを持った人と話し、新たな視点に気づいたり、創造することができます。

また、関係者の皆様、普段ならしゃべることのない大人の方とも話す機会があり、

学生とは違った目線に気づいたり、逆に学生独自の考えにも気づいたりと

様々な気づきがあると思います。

そのようなたくさんの気付きがあるところなので、「気」という漢字を選びました。

 

本祭当日、来場者の皆様に、祭典の魅力をたくさん気づいていただけたらと思います。

 

 

IMG_1064


本祭まで残り9日!

本日は、おどり普及部長紹介です!

それではどうぞ!

 

本祭にかける思い

第12回京都学生祭典が終わり、第13回京都学生祭典が始まって約1年。
私たちおどり普及部は”京炎 そでふれ!”を通して
一年間様々な活動を行ってきました。

日頃の出前・披露、ギネス世界記録™への挑戦、おどり広報企画など
今までの活動にも増して新たなる試みも行ってきました。

しかし、こうして一年間活動することができたのは
多くの方々が私たちの活動を理解していただき、
そしてご協力してくださったからです。

京炎 そでふれ!の集大成となる、京都学生祭典本祭。

私たちは応援してくださった全ての人への
「ありがとう」を表す場にしたいと思います。

京炎 そでふれ!を通して、祭典に来ていただいた全てのお客さんに
笑顔や元気、そして感動をお届けできるように活動します!

祭典を漢字一文字で表すと、それに対する詳細

「挑」

京都学生祭典の目標があります。

”京都を盛り上げ、新しい(学生)文化を全国・世界に発信する”

この目標を達成するために
京都学生祭典は常に新しいことに「挑戦」し続けています。

第13回でも国際化や伏見とのコラボ企画など
他にも様々な事に「挑戦」してきました。

活動していく中で嬉しかったり、楽しかったり、
時には悔しい思いをしたこともありましたが、
この第13回メンバー全員で乗り越えてきました。

このメンバーで作る ”最初で最後の” 京都学生祭典。

この一年間の「挑戦」の集大成を
本祭で出し切りたいと思いますので、
ぜひ10月11日は京都学生祭典にお越しください!!

IMG_9811


本祭まで残り10日!

本日は、広報部長紹介です!

それではどうぞ!

 

こんにちは!広報部長の井上裕生です^^

 

本祭にかける想い

広報部では今年度「京都学生祭典」がどんなことをしているのか、その存在からまず知ってもらおうと様々な広報活動を行ってきました。

そして最も多くの人に私たちがしてきたこと・していることをお見せできるのが10月11日にある本祭なのだと思います。

私にとって実行委員として迎える最後の本祭となる今年、「祭典を知って良かった!」「また来年も来たい!」と少しでも多くの人に言ってもらえる最高の1日にするとともに、残り10日もまだまだ突っ走っていきたいと思います!

 

祭典を漢字一文字で表すと、それに対する詳細

「力」

実行委員は日々の活動の中でいろんな経験をし、いろんな力を身に付けています。

そしてあらゆる場面でその力を発揮しています。

本祭の日には実行委員だけでなく、おどり手さんや出演団体の皆様全ての力が集結し、来場者の皆様を魅了することと思います!

そんな力溢れるお祭ですので、10月11日は岡崎にぜひお越し下さい^^

 

IMG_9760