【11/18】組織委員会を行いました!

2016.11.18 | Blog

11月18日(金)、第3回組織委員会が行われ、14回の報告を委員の皆様にしました。
組織委員会は、産・学・公・地域の「ALL京都」で作る祭である京都学生祭典の最高意思決定機関です。
それと同時に、15回の実行委員会の発足の場でもありました。
今後は新たな執行部を中心に活動していきますので応援よろしくお願い致します!

http://www.kyoto-gakuseisaiten.com/wp-content/uploads/2016/11/ssk1.jpg


そしてここからは第14回、第15回のそれぞれの実行委員長による挨拶文を掲載させていただきます。
以下、第14回京都学生祭典実行委員長 北川拓海より賜りました、任期終了に伴う最後の挨拶です。

本日の組織委員会をもって、第14回京都学生祭典実行委員会の活動は幕を閉じました。第14回では「学生による京都四大祭りへの挑戦」をテーマに掲げ、様々な活動を行ってまいりました。京都三大祭り(葵祭・祇園祭・時代祭)はそれぞれの京都の文化を発信するお祭として、京都に深く根付き、愛されています。京都は人口の1割が学生である「学生のまち」です。そんな京都だからこそ、発信することができる「学生文化」も京都の文化の一つであり、京都学生祭典も京都の文化を発信し、京都に深く根付き、愛されるお祭を目指しました。
この一年間の活動で「京都四大祭り」になれたかといわれると、まだまだ未熟な部分がありますが、第14回の活動は「京都四大祭り」への大きな一歩となったのではと思います。第14回まで繋いできたバトンを第15回に繋ぎ、名実共に「京都四大祭り」と呼ばれる事を心から願っています。そして、第14回京都学生祭典実行委員会にご尽力いただいたみなさまに心より感謝を申し上げるとともに、引き続き第15回京都学生祭典実行委員会へのご指導・ご鞭撻よろしくお願いいたします。

http://www.kyoto-gakuseisaiten.com/wp-content/uploads/2016/11/ssk2.jpg


次に、第15回京都学生祭典実行委員長 喜馬爽より就任にあたっての簡単な挨拶です。

初めまして!第15回京都学生祭典実行委員会の実行委員長を務めることとなりました、喜馬爽です。
第14回京都学生祭典もたくさんの方々のご協力のもと無事に終わり、第15回のスタートです。
これまでの先輩方が作り上げてきたこの京都学生祭典が、今まで応援してきてくださった方々への感謝を返せるものに、
そして京都学生祭典がより多くの方々と出会いその人たちの心の中に残るものを作り上げたいと思っております。
みなさま、第15回京都学生祭典にご期待ください!

http://www.kyoto-gakuseisaiten.com/wp-content/uploads/2016/11/ssk3.jpg